インナードライ改善法と保湿に優れたスキンケアの秘訣

3分間のローションパックと乳液のスキンケアで!
インナードライを改善できたと思っていたら、
寝る前に肌の炎症が起こり、ローションパック中に!
強いツッパリ感を感じるようになりました。

お肌のチェックをしてもらったところ、
キメは乱れ水分は少なく皮脂過剰の相変わらずの

インナードライの診断です。

勧められた化粧品のサンプルをもらったのですが、
ライン使いでそろえるにも高額になるので継続できるとは思えませんし、
これで改善されるのかも正直分かりません。

私の肌はもう治らないでしょうか?不安でいっぱいです。

簡単に言ってしまいますが、完治できますよ。

インナードライ肌は肌が乾燥することで皮脂過剰になり、
皮脂まで出なくなってしまえば乾燥肌のできあがりです。

肌が乾燥してしまうのは、
キメが乱れてそこからセラミドが流出しているからです。

ポイントはセラミドにあり、
いくら油分で補っても保湿にはならないんですよ。

セラミドは人間に備わっている天然の成分なのですが、
このセラミドが何らかの原因で少なくなっていると、
いくら化粧水やクリームで補給したところで乾燥してしまうのです。

セラミドが無くなる原因には、
刺激のあるスキンケア・間違ったスキンケア・加齢などによって、
簡単に奪われてしまいます。

なのでセラミドの美容液を使うことで肌の水分量がアップしていきますよ。

乳液などの油分よりもセラミド重視のスキンケアさえできていれば十分ですし、
ましてインナードライで油分は十分なのですからオイルケアは必要ないですよね。

また洗顔は無添加せっけん(純石鹸)を使うことが大切です。

洗顔フォームや化粧せっけんには、突っ張らないように、
あれこれ不要な成分が添加されています。

これが肌についたままでいると、
セラミドケアの妨げになり意味がありません。

今の自分に備わっているセラミドを流出させないために、
優しく顔に触れるケアを心がける事、
体温以下の温度で顔を洗うことに気をつけてくださいね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ